▲TOPへ戻る

人工透析

透析室全体

院長挨拶

久米川透析内科クリニックは、2018年10月に新規開設された近隣で最も新しいクリニックです。

欅会、透析施設における26年におよぶ透析医療の経験と実績を基に、東村山市とその近隣の透析患者さん一人一人が、より良い人生をおくることを手助けすることを基本理念とします。

その理念を実践するために以下の行動目標を掲げます
1.スタッフ一人ひとりが最新の透析医療の技術・知識の習得と向上に励みます。
2.多様化する高齢社会に対応した医療、看護、介護支援を行います。
3.地域の医療機関と連携し、最善の医療が提供されるように努めます。
4.生活の質を保ちながら合併症を未然に防ぐ予防医療を推進します。
5.新型コロナウイルスをはじめとする感染対策に、職員と患者さんが協力し、全力を尽くします。

当院透析室の設備と特徴
1.透析液純化供給装置とエンドトキシン捕捉フィルタが装着され、正常化された透析液により、全台でオンラインHDFも併用した高効率の透析が行われています。
2.ネットワーク透析支援システムと電子カルテが備わり、患者情報がプライバシー保護のもとにスタッフ間で共有され、治療管理精度の向上が達成されています。
3.定期的にバスキュラーアクセス(シャント)の超音波検査を行いトラブルに対する早期発見、治療を近隣の専門医との連携によりめざしています。
4.フットケアと下肢血流検査により、下肢病変の早期発見と連携の専門医療機関における治療対応を行っています。
5.災害時などによる急な停電時には非常用自家発電装置による対応が可能です。
6.全ベッドにテレビ(有料)が付いており、清潔な更衣室、待合室とともに快適な透析治療が受けられる環境を整えております。
7.ご希望の患者さんにはご自宅まで、無料で当施設のマイクロバスによる送迎を行っております。

院長紹介

西尾 康英(にしお やすひで)

東京医科歯科大学医学部 卒業
医学博士
日本透析医学会 透析専門医・指導医
日本腎臓学会  腎臓専門医・指導医
日本内科学会  認定内科医

透析室

ナースカウンター
ナースカウンター

当施設の設置台数は39台、全ベッドにテレビ(有料)が付いています。

全台オンラインHDFが対応可能で、透析液の清浄化に取り組んでいます。

RO装置から透析機器まで、薬液または熱水消毒を行い、更に各装置にエンドトキシン捕捉フィルターを装着する事によりウルトラピュアな透析液にて血液透析、血液透析濾過(HDF)を施行する事が可能です。

定期的に超音波検査を行い、内シャントトラブルに対する早期発見、早期治療を心がけております。

ご希望の患者さんにはご自宅まで、無料で当施設のマイクロバスによる送迎を行っております。
また、災害時などによる急な停電時には非常用自家発電装置による対応を準備しております。

施設紹介

1階 ロビー

【1階 ロビー】

2階 ロビー

【2階 ロビー】

2階 ロビー

【2階 ロビー】

3階 外来ロビー

【3階 外来ロビー】

患者さまロッカー

【患者さまロッカー】

透析送迎

通院支援

送迎車
送迎車

車イス対応の送迎車を9台有し、透析患者様向けに、無料にて通院支援を行っております。

送迎エリア:東村山、清瀬、東久留米、小平、東大和、国分寺などの一部エリアとなります。

エリアに関してはMSWにご確認下さい。
自家用車での通院も可能ですので併せてご相談下さい。
※車での通院にも対応できるよう患者様用の駐車スペースも完備しております。